Solar project in garden vol.84 外ニ入ル

その日の日没に合わせて、「外ニ入ル」というイベントを企画しました。 薄暮の中でカラダと場と音が何かを紡ぎます。 「外ニ入ル」 【場所】カフェ ムリウイ世田谷区祖師谷4-1-22-3F 【日時】2018...

Solar project in garden vol.78 6年

なぜ、自分は生きていられるのか?その答えの一つにエネルギーがあるからといっても間違えではないでしょう。空気も水も食べ物も花も虫けらも電気も石油も表現も労働も人にとって全て、生きるために必要なエネルギー...

Solar project in garden vol.75 アルド君

大崎l-eでのライブ終了いたしました。SKANK/スカンクさんのアイデアで歓談からの流れ、いろんなツッコミやお客さんを巻き込んでゆく感じがアットホームで、それでいて知らぬ間にインプロの世界へどっぷりと...

Solar project in garden vol.72 タケシステム

タケシステムヴァリエーションズVol.1 終了しました。 自己表現を垂れ流すということは、人間にとって最も必要の無いもの、社会から敬遠され、軽蔑されることなのだと思う。表現は他者に向かってこそ文化にな...

Solar project in garden vol.68 プレゼン

先日、「太陽光発電音響装置計画」のプレゼンをした。おそらくまったく興味もない人たちの前での10分間のプレゼン、今までのプレゼンとは違うアウエーな場、何をどう話そうか思案した。TED風に実演も含めてカッ...

ゆっくり急げ

モノづくりの世界は大抵は時間に追われている。締め切りがいつでもすぐそこにあるのが通常だ、そんなことにならないように早く手をつけなくてはならないのだ、といったお説教もいいが、それが出来ないから困ったもの...

Solar project in garden vol.67 ブーム

太陽光発電のブームは去った?というようなニュースをあちらこちらで見かけるようになった。確かに自分でやっていることも始めた頃に比べると反応が薄くなってきているのがよく分かる。でも飛行機から下界を見渡せば...

Solar project in garden vol.65 uguisu

“生命体や人間を、個々ばらばらな存在として捉えるのではなく、「相互連関的・全フィールド」に織り込まれた結び目として捉える。(ディープエコロジー)” 今日、本棚の整理をした。読みながらやってると散らかる...

Solar project in garden vol.61 成長

先日の飛行機に乗った時の航空写真。メガソーラーの図であります。ここから人々に電気が届けられているのだなーと関心しながら北海道入りしたのでありました。そして、先日のライブ、ボーズであります、お客さんゼロ...

Solar project in garden vol.56 Apocalyptic Sounds

今年もあとわずか。フィールドに出てみれば。草木も枯れて、木枯らしが吹きすさんでいた。 ススキが風にザワザワとゆれ、乾いた音を奏でているのと、 ウインドセンサーで拾った、風の強弱を電圧にかえモジュラーシ...