目に見えないモノにこれほど脅かされるとは思いませんでした。

 空間に放たれている姿なき威圧感。文明、権力、自由、欲界というものに知らず識らずに飼いならされている自分に気づかされました、すべては因果律であり、そこから逃れること、他を傷つけないで幸せに生きるということ、自然に与えられること。今までも薄々感じていたことの解決の一歩を踏出さなければならないと、その一歩は巨人の一歩ではなく蟻のような小さな一歩であること。そんなことを約2ヶ月間ぐらい真剣に考えていました。
 そして考えのいくつかを実行し、それを細々と広めてゆくことをしてゆきたいと今日考えています。タイトルは「小さな庭の太陽のような活動」と名付けました、めずらしく有言実行でいきたいと考えています、アタマの悪さが露呈するのもあきらめ、公私共々「実行」してゆきます。

以上宣戦布告。 でした。